fc2ブログ

プロフィール

preblustaff

Author:preblustaff
プレシャスブルー
preblu.com
Facebook
instagram
YouTube

海に関わる様々な事をスタッフ全員で綴って参ります。
あくまでも主観で、しかし詩的!?に、そしてステキに…

スタッフ全員で、第15回潜水医学講座小田原セミナーに参加してきました。

IMG_0491.jpg
抄録集

会場の様子はこんなです→クリック
右手真ん中へんにいる青いダウンがクーガーさん、その左黒服のゴマ塩頭が私LEO。右手にきぃちゃん、あやぶーちゃんもいます。

なんと国内の年間減圧症発症はぜんぜん減らず1000件もあって、ダイビングコンピュータに従っていれば減圧症にはならないと信じているダイバーが28%もいるんだそうです。
そして、やはり減圧症は急浮上や早すぎる浮上によって発症しやすいということが複数の先生から語られました。

いつも海でみなさんにお話ししていますが、ボートで安全停止をした後の水面への浮上も、油断せずしっかり時間をかけることはとても大切です。ほんの5mの浮上ですが、圧力変化は、深いところよりも大きいので影響も大きいです。
また、リゾートなどで水面休息中にスキンダイビング(素潜り)をするのも、やはり危険です。血液中に窒素が溶けた状態で、急浮上急潜降を繰り返すので、コーラの缶を振っているのと同じことです。また懸命にフィンキックをするので、これも減圧症の発症リスクを上げる「激しい運動」にあたります。シュノーケリングにしておきましょう。
これらは、今回話題になったわけではありませんが、この時期リゾートへ出かける方も多いと思うので、念のため・・・。

その他、ドクターヘリの話題、ヒヤリ・ハット意識調査から見た事故分析、ダイビング時の服薬、運動能力についてなど、安全なダイビングのために有用なお話しをたくさん聞くことができました。

IMG_3787s.jpg 集合写真

聴講後は、新年会を兼ねて、デブリーフィングを行い、今日の演題についてあれこれ話し合って、スタッフ全員で安全ダイビングへの決意を新たにしたのでした。

(新年会の様子はまたあらためてきぃちゃんから・・・)

記)LEO
関連記事
スポンサーサイト




2014/02/01(土) 23:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム