fc2ブログ

プロフィール

preblustaff

Author:preblustaff
プレシャスブルー
preblu.com
Facebook
instagram
YouTube

海に関わる様々な事をスタッフ全員で綴って参ります。
あくまでも主観で、しかし詩的!?に、そしてステキに…

7/13(土)FUNダイビングチームのLOGです。
潜水地:黄金崎ビーチ
天気:はれ時々くもり
水温:[水面]22℃ [水底]20℃
透明度:3~7m
記)LEO

ごろた上の中層は、ネンブツダイ、クロホシイシモチのマウスブリーディング(口内保育)大会です。
この仲間は、ペアのメスが卵を産むとオスがパクっとくわえて口の中で育てます。おとうさんは子供達が孵るまでの間餌をとらず、口をパクパクして新鮮な海水を当てて大事に育てます。

130713ネンブツダイ
口をパンパンに膨らませて子育て中のネンブツダイのお父さん

口をパクパクするたびにたまごが見えますが、カメラを持って近づくと、しっかり口を閉じてしまい、なかなか撮らせてくれません。もう少しすると、夕暮れ時にお父さんの口からたまごから孵った子供達が飛び出してきます。数は少なめですが、キンセンイシモチ、オオスジイシモチ、コスジイシモチなども同様です。
130713キンセンシモチ

ガイドロープには、タツノイトコ、ホソウミヤッコ、ヒフキヨウジなどの仲間がたーくさん!アミメ、アオサ、theカワハギなどカワハギ系の幼魚も海草の間でかくれんぼしてます。

130713ホウボウ
でっかいホウボウ

その他、カエルアンコウ、ホタテウミヘビ、ボウズコウイカ、ハナタツ、いばらBodyのイバラタツ、タコ、ベニカエルアンコウ、ミサキウバウオなどなどにぎやかです。

130713夕寝

ウッドデッキでお昼寝(夕寝)しながら、夕暮れを待ちます。

そして夜の部。
今回は通常のナイトダイビングに加えてFLUOダイビングにチャレンジしました。
特殊な青い光を当てて、これまた特殊なフィルタを通してみると、蛍光発光をする生物がいます。
イソギンチャクやサンゴの仲間はかなりきれいに蛍光発光します。
1cmくらいのウミグモ(節足動物門鋏角亜門:8本足のエビカニの遠縁とも言える生物)は、FLUOだとはっきり緑色に光って見えましたが、白色光ではどこにいるのかさっぱり???でした。

夜のヒメジは少し色が濃くなって茶色っぽくなります。そのまんま砂の上でじっと眠っています。
130713ヒメジ
爆睡中(photo by あっき~)

FLUOライト+フィルタでこんなことに・・・
ちょっと向きが違いますが、同じ固体です。
130713FLUOヒメジ
(photo by あっき~)

FLUOで見るヒメジは変身してパワーアップしたSFヒーローな感じでかっこいいですが、相変わらず ZZZ・・・。

燐光や生物発光ではなくて、青色の光(UVライト)を当てると、青色が吸収され再放出する色が蛍光色で見えるんだそうです。お魚でも前出のエイさんたちは全く光らず、カワハギは赤黒く怪しい光を放つ固体と光らない固体がいました。蛍光発光する本当の理由は、まだ議論の最中だそうです。

その他、ヒラタエイはライトの光に集まるプランクトンを食べにふわふわ上昇してついてきました。シビレエイ、ダイナンウミヘビ、ロウソクエビ(こいつもFLUOで光ります)などなど。
なんとも不思議で幻想的なFLUOダイビングでした。


そして・・・!
ナイトダイビングのあとは、居酒屋さんで晩御飯。
たまたま一緒になった安良里ダイビングセンターのスタッフの皆さんと大盛り上がり!

130713まんまる1130713まんまる3130713まんまる2
(photo by あっき~)

今日も楽しい一日でした。

関連記事
スポンサーサイト




2013/07/13(土) 23:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム