fc2ブログ

プロフィール

preblustaff

Author:preblustaff
プレシャスブルー
preblu.com
Facebook
instagram
YouTube

海に関わる様々な事をスタッフ全員で綴って参ります。
あくまでも主観で、しかし詩的!?に、そしてステキに…

昨日、マレスジャパンの本社にお邪魔して、2015年の新しい器材を見てきました。
先日(12/9)開催された2015 maresディーラーミーティングでの情報と合わせて、気になった新製品をご紹介します。

まずは、新しいフラッグシップモデルとなるレギュレータ
FUSION 52X
141219_02.jpg
フェイストップはカーボンに近いデザイン

141219_03.jpg
のどが渇きにくいメタルボディ
表面は上質な感じのつや消し風の処理がしてあります。

パージボタンは、インスティンクトと同じスイング式になり、押しやすく、潮流の影響を受けにくいタイプになっています。
141219_18.jpg

そして、これ!極太のバイパスチューブ!
141219_04.jpg
このモデルの最大の特徴は、マレスおなじみのバイパスチューブ(VAD)が大口径になり、チューブ形状も単純な丸断面から流量に応じて効率的な流れを作り出す涙滴風断面に変更されています。
さ らに、ホースの付け根に回転式の切り替えが付きました(写真下△のところVADとVAD+)。バイパスチューブの入り口の穴径を、最大開口と従来サイズ径に切り替えて、吸い心地が変えられるようになっています。ちょうど七味唐辛子の蓋のような仕組みで、2ndステージの内部構造を変えないシンプルな機構で 流量調節ができるようになっています。

さらに、ケースの形状が少し深くなり、デマンドレバー(息を吸ったことを感知して、空気が入ってくるバルブを開く部品)の可動域が広がることで、最大流量が増えました。これはつまり、強く吸えば、吸った分だけしっかり空気が供給されるということです。

1stステージはMR52の改良型MR52Xとの組み合わせです。こちらは、空気の流れをコントロールする言わばレギュレータの心臓部とも言えるPUポペットという部品が、より高耐久のACT(アドヴァンスド・コーティング・テクノロジー)のものに変更されています。従来の約6倍の耐久性だそうです。
141219_05.jpg

(プロモーション動画はこちら …しかし、なかなかモノが出てきませんので辛抱強くご覧ください)

もちろん、シリンダ(タンク)につないで吸ってみました。
通常状態でもじゅうぶん自然でスムースですが、VAD+に切り替えると、さらに軽い吸い心地。
早く海でも使ってみたいです!


もうひとつNEWモデル
PRESTIGE 15X
141219_06.jpg
141219_07.jpg
こちらはコストパフォーマンスモデル。VAD,DFC,スーパーフレックスホースなど、上位モデルに搭載される機能が盛り込まれて、定価\88,000(税別)。2ndのフェーストップは、ブラック(写真)とホワイトが選べます。2ndは最上位モデルのカーボンと同等の重さで、総重量は、定番MR52ABYSSとほぼ同じです。この機能でこの値段は、かなりお買い得です。


LEDライトも一新されました。
EOS RZシリーズ (プロモーション動画はこちら
141219_08.jpg
左から
EOS 12RZ 1200ルーメン 点灯時間約300-120分 充電時間3H/1A 400g 3灯
EOS 7RZ 700ルーメン 点灯時間約510-150分 充電時間3H/1A 550g
EOS 4RZ 400ルーメン 点灯時間約150分max 充電時間6H/1A 219g
EOS 2RZ 200ルーメン 点灯時間約75分max 充電時間6H/1A 120g
共通仕様は、
・色温度(白さ加減)6200K
・マグネットスイッチFULL/LOW/点滅/OFF切り替え
・照射角ズーム 12°(spot)~75°(wide)
・USB microコネクタ(スマホと同じ)による充電

先端の黒い樹脂部を握って回すと照射角が変えられます。
写真やビデオはワイドで、お魚を探すときはスポット寄りに。
自由に光の広がり方を調整できますのでとても便利です。
141219_12.jpg
スイッチは、磁石のスライドで非接触に内部のスイッチを動かすタイプ。内外が完全に分離されてシール部がないので、水没の恐れがないマグネットスイッチです。

照射範囲を見てみました。壁までの距離は約1mくらいです。
中心部は明るさムラも少なくいい感じです。
こちらがワイド
141219_13.jpg
こちらがスポット
141219_14.jpg

充電は、スマホと同じUSBmicroコネクタなので、普通のUSBケーブルでOKです。
141219_09.jpg
下側のLEDで充電状態がわかります。
スマホの充電器やノートパソコンなどからも充電ができるので、いちいち専用の充電器を持たなくてもよく、旅行のときにもgoodですね。

充電コネクタのところは、しっかり2重Oリングで安心です。
141219_11.jpg

電池はリチウムイオン電池ですが、取り出せますので、同型の予備電池を持っておけば、3ダイブ+ナイトダイブも安心です。
141219_10.jpg

こんなパッケージに入ってます。
141219_15.jpg
予備のOリングも付属します。


お次は、少し前にfacebookでもお知らせしました
新型ダイブコンピューターSMART(プロモーション動画はこちら
141219_01.jpg
はっきりくっきり見やすく、簡単2ボタン操作です。
写真は、毛むくじゃらですが、女性の腕にも似合うすっきりしたデザインです。
カラーは、ホワイト/ブラック(写真)とグレー/ブラックの2色を基本に、限定色が何色かリリースされる予定だそうです。


そして、トラベル ダイバー向け軽量コンパクトBC
F-LITE
141219_16.jpg

Lサイズでも2.3Kgの軽さです。
しかし大浮力(XSサイズでも14.2kgの浮力)、アルミ製のDリングが5個、リアトリムウエイト(背中側のウエイトポケット:アルミタンクの時にここにウエイトを入れると、いい按配にバランスが取れます)、大型ファスナつきポケットと、使い勝手は犠牲にせずに超軽量化したモデルです。背当てパッドはベルクロ(マジックテープ)で取り外し可能で、リゾート遠征のときにも乾かしやすいようになっています。専用の収納袋が付属します。

たたんで収納袋に入れるとこんな
141219_19.jpg  

以上、私LEOが気になった新製品をレポートいたしました。


なんとも残念なことに、円安ユーロ高により、来年から器材が値上がりいたします。
3/1から新価格が適用されますが、2月末日までは旧価格のままですので、ご検討中の方はお早めに。
詳細はお問い合わせください。
関連記事
スポンサーサイト




2014/12/20(土) 09:48 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム