FC2ブログ

プロフィール

preblustaff

Author:preblustaff
プレシャスブルー
preblu.com
Facebook

海に関わる様々な事をスタッフ全員で綴って参ります。
あくまでも主観で、しかし詩的!?に、そしてステキに…

新年あけましておめでとうございます
190101001.jpg

さて、始まりました2019年!

昨年、新しく出会えた方々も、久々にお会いできた方々も、おなじみの方々も、なかなかタイミングがあわずお目にかかれなかった方々も、たくさんの皆様に支えていただいて、今年、プレブルは、15年目を迎えます。

「安全で楽しいダイビング」を第一に、皆さんと楽しい時間をご一緒できるよう
スタッフ一同、精いっぱい頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

平成最後の潜り初め、ご連絡お待ちしておりま~す!


2019/01/01(火) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
12月15日(土)黄金崎のログです。

潜水地:黄金崎 
天気: 気温:10℃
水温:[水面]20℃ [水底]20℃
透明度:20m
記)AYABOO

今日は予定を変更して黄金崎へ。東名高速を西に向かいます。
朝焼けの富士山
181215014.jpg

天気予報に反して小雨がぱらつく中、黄金崎に到着。
普段の行いが良い?ので、着替えているうちに雨は止みまして、エントリー。
181215016.jpg

エントリすると、とにかくあったか~い。
なんだか変な感じがするくらいあたっかいです。
気温とのギャップが・・・

まずは、イロカエルアンコウ(ちび白)
181215001.jpg

砂の中から顔をだして様子をうかがうホシテンスyg
181215002.jpg

スケスケのアカスジエビ
181215003.jpg

マツカサウオyg
181215004.jpg

ニシキフウライウオ
181215005.jpg

キミシグレカクレエビ
181215006.jpg

ボンジイボウミウシ
181215007.jpg

ネジリンボウ
181215008.jpg

カミソリウオ(たまご)
181215009.jpg
おかあさんのおなかには、くりくりおめめがたくさん!間もなくハッチアウトしそうな感じです。

ひらひらでキレイなハナミノカサゴyg
181215010.jpg

イサキygの大群
181215011.jpg

その他、イロカエルアンコウ(ちび黒)、ホシテンス若魚、ベンガルフエダイyg、ロクセンフエダイyg、アカヒメジ、ヨメヒメジ、ヒラメ、ヒレナガネジリンボウ、アカオビハナダイyg、コウライトラギス、シマキンチャクフグyg、キリンミノカサゴyg、カゲロウカクレエビ、ヒロウミウシ、モンハナシャコ、アザハタyg、ソメンヤドカリ、ツマジロモンガラ、ムレハタタテダイyg、ホウボウ、クロイシモチyg、クロヘリアメフラシなどなど。

海の中は、とても賑やかで秋の海のようです。

来週はクリスマスダイブですよ。
募集中でーす。
181215012.jpg
181215015.jpg


2018/12/15(土) 22:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
イタリアの器材ブランドMARES(マレス)のディーラーミーティング2019に行って来ました。
181205_008.jpg

来年はマレス創業70周年ということで、新器材ががたくさんありました。
181205_1001.jpg  

気になったものをご紹介してまいります。
181205_007.jpg

まずはレギュレーターから…
今後のフラグシップモデルとなる EPIC 82X PVD
181205_001.jpg
今秋にリリースされた日本限定モデルABYSS 52X Black Sapphire(ブラックサファイヤ)と同じPVDコーティングが施され美しく渋い仕上がりです。
2ndステージEPICは、エアの流量を切り替えられるツインパワーシステムを搭載したFUSIONをベースに、吸い始めの呼吸抵抗を調整するノブがつきました。
181205_003.jpg
1stステージは、最新の82Xでホースの向きが自由に変わるスイベルがついています。
万一、ダストキャップをつけ忘れて水に浸けてしまっても、1stステージ内部には水が入らない新機能ASTシステム(オート・シーリング・テクノロジー)も搭載されています。
もう一つ特徴的なのが、上下どちら向きに取り付けてもゲージのホースが斜め下方向に出るように高圧ポートが13°傾いて出ていて高圧ホースへのストレスを軽減するようになっています。こういうちょっとした工夫がマレスらしいですね。
181205_020.jpg
なーんとなく、カイロレン(ダースベイダーの孫)のマスクっぽいイメージ。見比べると全然違いますが…
ガンメタのPVDコーティングがなんともいい色合いでかっこいいです!

続いては、ウルトラADJ 82X
181205_004.jpg
こちらは、通常のクローム仕上げの82X 1st ステージに、ツインパワーシステムとアジャストノブがついたウルトラライトテクノポリマー素材のウルトラADJ 2ndの組み合わせです。
軽い吸い心地を実現する、伝統のバイパスチューブ(VAD)は、樹脂素材にもかかわらず上位のEPICと同形状で2ndボディに沿う形で開口部が口の方向に開く構造です。従来の樹脂素材の2ndに搭載されたバイパスチューブは直線的に飛び出していました。
181205_021.jpg

こちらはコストパフォーマンスモデルのDUAL 15X
181205_005.jpg
DUAL 2ndステージもウルトラライトテクノポリマーでシンプルにして軽量ですが、前述のウルトラADJと同構造のバイパスチューブを備えています。

このDUALにアジャストノブを追加して、上位の52X 1stステージと組み合わせた最軽量のDUAL ADJ 52X というモデルもリリースされます。

来年は新たに4機種のレギュレータがリリースされて、従来機と合わせてハイエンド、軽量モデルから、コストパフォーマンスモデルまで、非常に幅広いラインナップになります。

新製品のBCD MAGELLAN(マジェラン)
181205_006.jpg
トラベル用に開発され、超軽量ですが、肩のストラップが特殊な形状になっておりしっかり背負えます。浮力体が背面にあるので、腕が自由に動きやすいです。シリンダーを付けて背負ってみましたが、軽量モデルなのにしっかり安定しており着心地も悪くありません。ウエイトパックも装備されています。超軽量で、折りたためますので、リゾートや電車ダイバーに最適です。

クローマ リキッドスキン
181205_014.jpg
クローム素材のフレームが特徴的なマスクですが、なんといってもレンズが近い!ほぼ眼鏡をかけているくらいの距離です。そのおかげで、視界がほんとに広いです。下方向、左右方向はもちろんですが上方向もよく見えます。
181205_009.jpg  
おでこからレンズ面までの距離がこんなに近い!

GENIUS(ジーニアス) ダイブコンピュータ
181205_016.jpg
フルカラー大型ディスプレイに新開発の減圧アルゴリズムを搭載した最新のダイコン。斜めからでも見やすく、色分けで必要な情報がぱっと目に残るカラー表示。なんといっても大きくて見やすいです。組織飽和グラフも出ますし、LEDタンクモジュール(トランスミッター)と組み合わせれば、酸素消費量やエア切れまでの推定時間も表示してくれます。

SMART AIR
181205_015.jpg
はっきり見やすい腕時計型ダイコンSMARTにトランスミッタがつながるモデルが追加されます。

最近のほとんどのダイコンにつなげられるブルートゥース接続モジュール
181205_019.jpg
これでマレスのダイコンはスマホ連携が可能になりますが、現時点ではアプリは開発中だそうです。

ブルーバトルシングルマウントセット(全世界で1000台限定)
181205_011.jpg
今年RED DEVILとして赤色のバックプレートのモデルが限定でリリースされましたが、それの色違い版。
右のフィンは、短く取り回しの良いラバーフィンのPowerPlaneFinのコラボデザイン限定フィンです。堅牢なスプリングストラップになっています。こちらは、今だけの限定受注生産(12/9まで)です。

いよいよXRシリーズの器材も増えてきました。
サイドマウントセット
181205_012.jpg

バックアップライト
181205_010.jpg
これは秀逸!このサイズで850ルーメン。フル充電で145分使えます。あっかるーいです。バックアップライトという名前になっていますが、メインで使えそう。

ハンドラインカッター
181205_017.jpg
安心な水中拘束対策グッズです。ナイフを持つのはちょっと抵抗かある方にも、安全に携行できて安全に使えるラインカッター。

SMBS(シグナルフロート)
181205_018.jpg
破裂防止のオーバープレッシャーバルブがついています。中圧ホースをつないで給気しますが、バルブに引っ掛かりがないので、膨らむとすぽんっと外れて水中からの打ち上げに便利です。口からでも膨らみます。幅広で視認性も高いです。

シーフレンズセット
181205_013.jpg
今年から販売されていたのKIDS向けマスクシュノーケルセットは来年も継続します。かわいらしい海の生物の背負えるバッグとセットです。

ほかにもフィンやスーツなどいろいろありましたが、長くなりましたのでこのへんで。
関東甲信越エリアのみなさんには、来年の2月にダイビングフェスティバル2019にてお披露目になります。お楽しみに。

という訳で、来年は新製品がたくさん!

一部、先行予約スーパースペシャル割引も実施中(12/9まで:お急ぎください!)です。
詳細はお問い合わせください。

で、今年の伊豆の海は、まだまだあったかく生物も豊富ですよ。
徐々にウミウシたちも出始めて、冬眠なんてもったいない~。
お待ちしてまーす!



2018/12/05(水) 23:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 11月10日(土)富戸のログです。

潜水地:富戸 天気:晴れ
水温:[水面]:21.5℃ [水底]:21.5℃
透明度:5~10m
記)AYABOO

本日はWater Born Festivalということで富戸にやってきました。
181110_005.jpg 

色々な機材メーカーさんが来ていて朝から賑やかです。
181110_001.jpg 

風はないのですがウネリがあり、浅場は砂が巻き上がっていて白っぽい感じですが、
深場は綺麗で青いです。

今日も元気なマダラタルミyg
181110_006.jpg 
泳ぎまくりなので、探さなくても目に入ってきます。

クマドリカエルアンコウ(白)
181110_007.jpg 
サイズは大きいのですが隠れ上手。


モンハナシャコ
181110_1001.jpg  
巣穴からでて歩き回っていました。
新しいおうちでも探していたのでしょうか。。。

フルーツポンチ(ニシキウミウシyg)
181110_010.jpg 
今日はうねりで自分が止まっていられないので、動かない生物もなかなかピントが合わず。。。
撮るのが大変

その他、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、アカシマシラヒゲエビ、マツカサウオ、クリアクリーナーシュリンプ、
ツノダシ、トカラベラyg、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イワシyg(群)、キビナゴ(群)、カンパチyg、アオリイカyg(群)、シコクスズメダイ など

ランチは、イベントで振舞われた海鮮BBQ、焼きそば、焼き鳥、サザエカレー、お味噌汁を頂きました。
181110_002.jpg 

181110_003.jpg 

181110_004.jpg 
カマス、金目鯛、マグロテールなどなど豪華BBQ、サザエカレーもしっかりサザエが入っていておいしかったです

午後になるとさらにウネリが強くなり、浅場は砂が巻き上がり、珍しい砂嵐な光景が楽しめました。

という感でしたが、黒潮が入ってきているので海は青くなってきています。
181110_009.jpg 

海の中は南方系のお魚もたくさんいて賑やかです。
水温も高めで、黒潮も来ましたので、まだまだ、賑やかな状態は続いてくれでしょう。


2018/11/10(土) 22:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
11月3日(土)八幡野のログです。

潜水地:富戸 天気:のち
水温:[水面]22℃ [水底]22℃
透明度:8m 
記) AYABOO

あいにくの曇り空ですが、海は穏やかです。
181103001.jpg

フリソデエビ
この子を目当てにいきましたが、なかなか敏感で、最初のフラッシュにびっくりして、ぴゅっと岩の奥へ入り込んでしまって、出てきませんでした。よく見ると奥にももう1匹・・・
181103010.jpg

ぐるぐる柄がきれいなタテジマキンチャクダイyg
181103003.jpg

けっこう大きかったけど、まだまだかわいいホシテンスyg
181103004.jpg
(photo by あっき~)

すけすけのクリアクリーナーシュリンプ
181103002.jpg

イロカエルアンコウ
181103005.jpg
(photo by あっき~)

スリムで素敵なナメラベラyg
181103006.jpg
(photo by あっき~)

キュートなフタスジタマガシラyg
181103008.jpg


その他、タカベ、コイボウミウシ、オオスジイシモチ、マツカサウオyg、キンチャクダイyg、ミツボシクロスズメダイ、クマノミyg、カマスベラ、アオヤガラ、ホシテンスyg、マダラタルミyg、ツユベラベラyg、カンムリベラyg、ベンケイハゼ、シュンカンハゼ、ウミスズメ、などなど。

今週もまた、エクジットして撤収の頃に晴れてきました。

ランチは、中華の定番「伊豆天山」で中華定食
181103007.jpg

そしてまた、デザートはこちら
新発売の「プレミアム抹茶ソフト(ミニストップ)」のーこーでとてもおいしゅうございました。
181103009.jpg

今週も、幸せな一日でした。

気温が下がってきましたので、ドライスーツが快適な感じになってきました。ウエットの方は、そろそろラストスパートでしょうか。
来週は、富戸の予定です。まだまだ海の中は賑やかですよ。




2018/11/03(土) 22:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
10月27日(土)富戸のログです。

潜水地:富戸 天気:のちのち
水温:[水面]23℃ [水底]23℃
透明度:10m 
記) AYABOO

今日はあいにくの小雨が降ったりやんだりのお天気ですが、海は比較的穏やかです。
181027012.jpg

さて、今日はどんな生き物に会えるかな?
181027003.jpg

支度を整えて、ワクワクしながら出発
181027011.jpg

いつも笑い顔のミナミギンポさん
181027002.jpg
(photo by あっき~)

にっと笑顔が愛らしいやつですが、実はこの仲間は肉食で、クリーナーフィッシュのふりをしてほかの魚に近づいてガブっとやります。親戚のテンクロスジギンポとこいつにかじられて、ぴゅっと魚が逃げ出す様子を何度も見たことがあります。この時期は、中層をピロピロと泳いでいるのをよく見かけます。別の親戚のニセクロスジギンポは、見た目がかなりホンソメワケベラに似ているというか、ほぼ同じデザインのそっくりさんなので、さぞかしうまく近づいてかじりたい放題なのではないかと思いますが、あんまりかじっている様子にはでくわせていません。まあ。たまたまかもしれないけど。いずれもみんな口がちょっと下にあって、笑い顔です。ホンソメワケベラは、先っちょにおちょぼ口。
(解説 by LEO)

こちらも南方系のアオスジテンジクダイ
181027009.jpg
(photo by あっき~)

温泉丸でひと休み。晴れ間がでてきました!
181027005.jpg

カンムリベラyg
181027001.jpg
(photo by あっき~)

マダラタルミyg
181027010.jpg
(photo by あっき~)

その他、本日会えた生物は、
トラウツボ、ソラスズメダイいっぱい、ミツボシクロスズメダイいっぱい、キビナゴの群れ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、スジオテンジクダイ、キンチャクダイyg、ナガサキスズメダイ、コガネスズメダイ、コガネキュウセンyg、コクテンサザナミハギyg、オトヒメエビ、クマノミ、ムナテンベラyg、コイボウミウシ、フウライチョウチョウウオ、などなど。
群れもいっぱい、南方のお魚もいっぱいで、まさにベストシーズンな海でした。

エクジットすると、すっかりいいお天気になってました!
181027004.jpg

お昼は、伊豆高原ビール本店
漁師の漬けど~ん!
181027006.jpg

デザートはお隣に新設された「伊豆高原プリン本店」にて、プリンソフト
181027008.jpg
期間限定ハロウィン仕様でコウモリチョコがトッピング

ここ本店でしか食べられないらしいプリンソフトは、カリカリのクラッシュドキャラメルがいいアクセントになっていてとーっておいしかったです。
181027007.jpg

今日も楽しい一日でした。

海の中はまだまだあたたかくて、お魚もいーっぱいですよー


2018/10/27(土) 23:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
水温は高く、海の中はまだまだ群れや南方系の生物もたくさんいてにぎやかですが、陸上は徐々に秋も深まってまいりまして、が恋しい感じになってきましたね。
で、本日は新発売のあったかグッズをご紹介いたします。

キドニーベルト マジックヒーター付き \5,200(税別)
181026006.jpg
キドニー(kidney)は腎臓ですが、要はこちら、腰ベルトです。
装着するとこんな感じ。
キドニーベルト2
全長の1/3くらいがベルクロ(マジックテープ)になっているので、細身の女性から最大胴回り94cmまでOKです。

ウエットと同じネオプレーンでできています。上の写真の裏側(内側)は、こんな感じ。
181026008.jpg
(キドニーベルト with マジックヒーター:ヒートON状態)

あったか起毛素材ですがハイエンドウエットの裏地でおなじみの中空糸の起毛なので、保温性、通気性、撥水性があり、これだけ巻いてもけっこうあったかいですが、ポケットがありまして、ここにマジックヒーターを入れて腰に巻きます。

このマジックヒーターってぇやつは、リサイクルカイロとかエコカイロという名称でも売られている、凝固熱を利用した繰り返し使えるヒーター(まあ、カイロのほうがしっくりきますね)です。

はじめは、こんな感じで透明の液体が入っていて柔らかい状態です。
オレンジ矢印のところに金属の丸いチップが入っていて、これをペチっとやると、中身の液体が白く結晶化していき、ほかほかと温まってきます。約1時間あたたたかい状態が持続しますので、だいたい1ダイブ分はいけちゃいます。
使い終わった後は、2~3分湯せんすると、また使えるようになります。(電子レンジでは、局所的に高温になって穴がいてしまうことがありますので、湯せんで!)
181026007m.png  
原理(過冷却と接種凍結と凝固熱の…)が気になってしかたがない方はこちら→[リウォームカイロ:大王製作所]

このタイプのヒーターは50℃程度までしか温度が上がりませんが、直接肌には触れないので低温やけどの心配もなく安心です。
中身も液体が封入されていてエアが入っていないので、水に濡れても水圧がかかっても問題ありません。
というわけで、写真のようにウエットの下でもOKですし、ドライスーツの中でもだいじょうぶ。

服の上から巻くとこんな感じ。
181026002.jpg

くるっと逆に回しておなか側にヒータを持ってきて「腹巻モード」でもいいですね。冬場のおしっこ耐久時間延長にも一役買いそうです。

さらに、腰サポーター(コルセット)的な効果も期待できそうです。元々、道路やエンジンからの振動を腰で受けるライダーが下腹部を支えて内蔵が揺れるのを抑えたり、腰椎を保護するために巻く「キドニーベルト」と同じ構造です。結構しっかりしていますので、ぎゅっと巻くと腰をサポートしてくれて、重たい器材を背負う時も力が入りやすく、腰が楽です。

ダイビングに限らず、冷え性の女性や、冬場の屋外作業や、それこそ本家ライダーの皆さんにもいいかもしれませんね。

いろいろ使い勝手がよさそうな新あったかアイテム、お問い合わせください!


2018/10/25(木) 20:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック