FC2ブログ

プロフィール

preblustaff

Author:preblustaff
プレシャスブルー
preblu.com
Facebook

海に関わる様々な事をスタッフ全員で綴って参ります。
あくまでも主観で、しかし詩的!?に、そしてステキに…

12/14(土)のLOGです。
潜水地:八幡野
天気:
水温:[水面]18℃ [水底]17℃
透明度:20m
記)LEO

今日はよく晴れてお日様ばっちりですが、強い南西風
風向きが逆なので、ダイビングにはなんの問題もありませんでしたが、
ひとたび海に入ると、上がるのがイヤーんな感じでした。

海の中は、とってもクリアーで良く見えました。
こんな日は、地形を眺めて浮かんでいるだけでも気持ちいいです。

お日様きらきら
PC140493s.jpg
(photo by とくさん)

ずいぶん前からいるツユベラyg
PC140435s.jpg
(photo by とくさん)
だいぶ大きくなって、行動範囲が広がっています。
もう少し水温が下がってくると動きが鈍くなって、やがて…
がんばれ~

最近は毎年あちこちで見られていますが、フリソデエビにも会えました。

わたしはだれでしょう?
PC140484s.jpg
(photo by とくさん)
地味ですが、うまく隠れたつもりが、ついつい歩いてしまって
見つかっちゃったカエルアンコウ

ゼブラガニ
PC140460s.jpg
(photo by とくさん)

その他、ムスメベラ、イロカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、アオリイカの群れ、シラコダイyg、アカヒメジ、アオブダイ、ミナミギンポyg、サキシマミノウミウシ、ムカデミノウミウシ等々。

そして本日は、年に一度の「漁火ナイト」
沖合いに船が出て集魚灯を点けてくれます。で、その下を潜ります。

八幡野のナイトダイビングは、砂地がメインの大瀬崎や黄金崎と違って、岩礁域特有の生態観察ができます。

岩の根元に寄り添うように眠るブダイ♀
PC140524s.jpg
(photo by とくさん)
目は開いたまま(まぶたがありません)ですが、爆睡中。まぶしいライトで照らしても全く反応無し。ブダイの仲間は粘液の膜を繭状に張って、その中で眠るものもいます。

岩陰に隠れて眠るトゲチョウチョウウオyg
PC140529s.jpg
(photo by とくさん)
日中の白+まっ黄色とはずいぶん違う茶色っぽい地味な色になっています。
夜間色になることで闇にまぎれて安らかな眠りを・・・というわけです。
夜になると体色を変えるお魚はたくさんいます。

元気はつらつ!ヒメセミエビ
PC140520s.jpg
(photo by とくさん)

おやすみモードのお魚たちに対して、活発に活動するのはエビ、カニなどの甲殻類です。
昼間は岩陰に隠れていてなかなかお目にかかれないヒメゼミエビもあちこちにわんさかいました。
岩の上にはサラサエビの目が妖しく光ります。
日中はサンゴイソギンチャクの間に入ってかくれんぼをしているカザリイソギンチャクエビも出っ放しです。

怪しく光る漁火の下で怪しげなピースサインのひとたち
DSCF2611s.jpg

集魚灯の下は、ほんのり明るく、岩陰もうっすら見えるくらい。想像よりも明るくありませんでしたが、程よい光で水面を見上げるとなかなかきれいです。

いつもは岩陰に隠れているイタチウオもにょろにょろ泳いでいました。
その他キンチャクダイ(寝)、ショウジンガニ、シマウミスズメ(寝)、ボウズコウイカ(ライトにびっくりして威嚇のポーズ)
などなど。

撤収したあとは、鍋焼きうどんであたたまりました。
しあわせ~

今日も楽しい一日でした。

関連記事
スポンサーサイト


2013/12/14(土) 23:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム